パーソナリティ障害(境界性人格障害)

パーソナリティ障害を持つ人は、非常に社交的な事が多くみられますが、他者に対する依存性が強く、相手を支配しなければ安心出来ないといった強迫観念があります。
そのため、一度恋愛関係になると、相手から別れを切り出されても、その相手への執着心が抜けずストーカー行為を行ってしまいます。